高校卒業認定試験の対策も行う医学部の予備校

中卒から医学部を目指す!

高認試験を経て医学部に合格した人もいますが、医学部は独学では大変難しいので、医学部専門の予備校などで高認取得を目指してから、本格的な受験勉強をする人もいるようです。もし毎回通う自信がない場合は、個別指導もあって、自分の学力やペースに合わせて勉強できるので安心です。また、一人ひとりの価値観や状況などを把握しながら安心して学習できるよう配慮してくれる予備校もあって、勉強方法や苦手科目を克服する方法など具体的なアドバイスももらえます。なので、予備校を選ぶポイントとしては、生活面やメンタル面など相談できる環境があるか等、自分が馴染める予備校であれば、高校中退した人や不登校などで悩んでいる生徒も長続きできる場合もあるようです。

基礎から始めて難関大に挑戦する

似たような悩みを持つ人が通う予備校もありますが、例えば中学・高校で不登校だった人が、医学部などの難関大に合格した実績を持つ予備校もあります。そして、個別指導で生徒に合わせたカリキュラムを作成しながら学習する予備校もありますが、例えば、最初は週1日2時間から勉強を始めて少しずつ勉強量を増やし、高認試験合格後は、最終的に丸1日・週6日勉強できる集中力を身につけます。医学部受験のための勉強量は大変多いですが、早い時期から計画的に高認試験と大学受験を並行していけるようサポート体制も充実しているので、辛抱強く取り組める人も多いようです。それから医学部に必要な小論文や面接の指導も行ってくれるので、ぜひ頑張ってほしいですね。