少人数クラスの医学部予備校

医学部の予備校は少人数がベーススタイル

医学部を目指す生徒が通う予備校は、一般的な予備校よりも求められる指導の内容が高度です。医学部の入試の難易度は他の学部よりも高いため、それに従って予備校の授業内容も厳しくなります。授業内容が難しくなると、当然内容についていけなくなる生徒出てくるなどの問題が出てきます。そういった事態に対応するため、また生徒一人ひとりの理解度を講師側がしっかり把握できるようにクラスは少人数制の形態をとっていることが多いのです。

授業形式の予備校の場合では多くても10人程度で、5人前後が定員という場合も少なくありません。また一対一の個別形式も多いです。どちらの授業形式の予備校に通うとしても、基本的に医学部合格を目指した予備校は、少人数クラスで授業が進んで行きます。

生徒に合ったペースで対策ができる

個々人のペースに合った指導をするために、医学部予備校は少人数制を導入しています。少人数制の医学部予備校の魅力は、生徒一人ひとりに合ったペースでの試験対策が可能だという点にあります。医学部予備校では講師側がしっかりと生徒に向き合い、普段の授業の様子や模擬試験の結果、面談などの要素を加味して、試験までのスケジュールを立てます。一般の大人数型の予備校ではこのような手厚いサポートまで、講師の手が回らないことがほとんどです。しかし医学部予備校は生徒を少人数に留めておくことで、オーダーメイドといえるような指導を行ってくれるのです。 学校の用事で忙しい、部活もやりたい、習い事をしているという生徒でも、「やろう」という気持ちがあれば、医学部合格まで支援してくれるのが医学部に特化した予備校です。